血液型占いって当たるの?

血液型占いって当たるの?そう思っている人も少なくないでしょう。
なぜかというと、血液型は4通りしか存在しないからです。
しかも日本人に限っていえば、日本国民の半数以上がA型という事になってしまいます。
日本人の半数以上が同じ占い結果に該当するの?と思う気持ちは分かります。

さすがに人のタイプを4種類に分けて占いのは横暴するですよね。
ですが、それでも性格などは結構当たっていると思いませんか?
片づけが好きで、何事もキチンとしておきたいA型の人というのは、外国人がイメージする日本人像に近いものがあるでしょう。

例えば知り合ったばかりの友達と、少し会話をしていると、こんな話題になる事ってありませんか?
「もしかしてA型じゃない?」そしてその第一印象による血液型当てはかなりの確率で当たっていますよね。

もちろん、A型っぽいのにO型なんだ・・・・・と外れるケースもあります。
しかしそれだってよく話を聞くと家族にO型がいたりするわけです。
そもそも血液型占いをする状況は大抵の場合は、気軽に楽しむケースがほとんどです。

例えば人生を左右するような大きな選択肢をする時に、血液型占いで占ってもらおうとしますか?
血液型占いを専門としている占い師がいますか?
あまりそういう人は見かけませんよね。
むしろ血液型占いは、話のネタにするのに丁度いい、自己紹介として自分の性格を相手に伝える時に丁度いい。
そんな形で利用される占いだと言えるでしょう。

ですから、血液型占いは当たる当たらないというよりも、その場の雰囲気を盛り上げたり、同じ血液型同士が仲良くなるために存在する占いという位置づけでいいのではないでしょうか?