占いに依存してしまう人

占いとは悩みを抱えている時に、解決策を導いてくれるかもしれません。
占いのアドバイスで悩みが解決したり、人生が上手くいった時には、占いに感謝しますし、ますます占いを信じるようにもなるでしょう。
占いを信じる事自体は何も悪い事ではありません。

しかし占いだけに頼りすぎ、何も自分で判断しない、占い師の言いなりになってしまうような人生ではおかしいと思いませんか?
例えば占い師に、いつ結婚をする事が出来るのか?そしてその結婚相手とはいつ出会えるのか?と尋ねたとしましょう。

恋愛相談は占いの相談の中でも上位を占めるジャンルです。
そんな質問をする女性は非常にたくさん存在します。
占い師はその答えに対して、2年以内に結婚出来るでしょう。そして結婚相手とは今年の5月頃に出会います。
そう占いの結果が出たとしましょう。

そして5月に新たに知り合った人は、1人だけだった。
この人が自分の結婚相手だと、6月から積極的なアプローチを始め、付き合う事になったとします。
もちろん、その相手の事が本当に好きで、結婚をしたいと心から思っているのであれば何も問題はありません。
知り合ってから1年後に結婚をした、あの時占ってもらって本当によかったと思うのかもしれません。

ですが、占いの結果を信じすぎて、自分の感情を無視した場合はどうでしょう?
5月に知り合った人は1人だけだった。全然好みのタイプではないけれど、告白して付き合う事にした。
付き合っている相手にも相手の事は好きになれずに、でも運命の相手かと思うと別れる事が出来ない。
そして1年後にプロポーズされ、占いの通りなったから、結婚をするべきだという考えはおかしいですよね。